MENU

中古トラックは整備記録を確認する事

中古トラックを購入する際のチェックポイントはいくつかあります。

 

その中で重要なポイントが年式と走行距離です。
なぜ重要なのかといえば、トラックの状態に深く影響するからです。

 

当然ながら年式が古く、走行距離が長い中古トラックは、
どれだけ安くてもあまり魅力的だとは思いません。

 

なぜなら中古トラックには耐久年数があり、
廃車になるまで○年とタイムリミットが設けられているからです。

 

そのため年式と走行距離に対しては、
それを表示していない中古車販売業者なんて存在しません。

 

しかし年式と走行距離以外にも、耐久年数に深く関係するポイントがあります。
それは以前の中古トラックの持ち主が、
どのようにメンテナンスを行ってきたのか?という点です。

 

メンテナンスの状況を知るためには、定期点検と整備記録を確認して下さい。
キチンと定期的に点検が行われていたのか、
オイル交換や部品交換はいつ頃したのかが分かります。

 

また分かる事はそれだけではありません。
以前の持ち主が、どのようにトラックを扱ってきたのかも分かります。
キチンと定期点検をし、整備を行ってきたトラックは、
年式が古く、走行距離が長くても、状態がいいものが多いのです。

 

逆に整備記録すらない、メンテナンスが行われていないトラックは、
いくら年式が新しく、走行距離が短くてもダメです。
部品交換などが行われていない、無理な状態で走行されているので、
車の内部の消耗が激しいと言えるでしょう。
そのため中古トラック購入の際には、走行距離、年式に加えて、
整備記録もチェックするようにして下さい。
中古トラックの購入を検討しているのであればコチラ