MENU

中古トラック購入に必要な書類

中古トラックを購入する際に、必要な書類がいくつかあります。
前もって準備が必要な書類もあるので、紹介していきたいと思います。

 

まず所有者が変更する事になるために、
「委任状」が必要になります。

 

ただし、新旧所有者が一緒に名義変更の手続きを行う際には
委任状は必要ありません。

 

中古トラック販売業者経由で購入する場合は、
中古トラック販売業者が買い取り時に旧所有者からこの委任状を預かっています。

 

そして次に「保管場所使用権原疎明書面」が必要です。
書類の名称だけ見ると難しそうに見えますが、中古トラックを購入し、
保管するスペースを用意しているかどうかの確認の書類です。

 

「保管場所所在図・配置図」先ほどの書類がスペースの確認なら、
この書類は駐車場のイチや、車の配置を図で表記したものです。

 

「保管場使用承諾証明書」は中古トラックの使用者と、
駐車場の管理者が異なる場合に提出が必要になる書類です。

 

ここまでは自分で書類を準備する必要があります。
書類の記入例や書類のフォーマットは
中古トラック販売業者のサイトから、ダウンロードする事が可能です。

 

そして最後に印鑑登録証明書が必要です。
これは自分で作成する書類ではなく、市役所に行き発行してもらう書類です。
書類提出時に、発行されて2ヶ月以内のものでなければいけません。

 

中古トラックを購入する際に、
これらの書類の提出が義務付けられているので、
前もって準備をしておきましょう。
そうすれば購入の手順がスムーズにいきます。

 

ただし、購入する業者によって、
必要書類の種類が多少異なる場合があるので、
事前に確認しておきましょう。