MENU

中古トラックで事故車は購入してはいけない理由

中古トラックをなるべく安い価格で購入したい、
そんなふうに思っている人も多いでしょう。

 

確かにトラックは元の価格が高額なので、
中古トラックであっても高いと感じてしまうでしょう。

 

そんな中で安い価格のトラックがあれば、お買い得だと思いますよね。
しかしながら、なぜ安い価格設定になっているのか、
きちんとその理由を確認するようにして下さい。

 

もしかすると、その中古トラックは事故車の可能性があります。
特にトラックは自家用車よりも走行距離が長く、
長時間運転する事も珍しくありません。
そのため眠気や疲労から事故を起こしてしまう事も少なくありません。

 

事故車でもちゃんと修理がしてあるし、縁起が悪いとか気にしない、
価格が安い方がいいと思う人もいるかもしれません。

 

しかし縁起が悪いから事故車を購入しない方がいいと言っているわけではありません。
例えキチンと修理していて、今は問題なく走行していても
事故のダメージが車の内部に残っている可能性があります。

 

そのため事故車の方が不具合や故障が起こりやすいと言われています。
せっかく安く購入しても、
不具合や故障が頻繁に起こるのでは全然お得ではありません。

 

むしろ適正価格で購入した中古トラックの方が、
購入後に安全で長く使用する事が出来るため、
長い目で見た時にお得だと言えるでしょう。

 

注意点としては、事故車を修理して中古トラックとして販売する事は
法律的に何も問題がありません。

 

そして事故車だからといって、これは事故車ですと
販売時にわざわざ購入者に伝える必要もありません。
そのため、こちらから聞かないと事故車である事は教えてはくれませんから、
中古トラックを購入する際には必ず確認して下さい。
 

中古トラック購入時のチェックポイント

中古トラックを購入する際には、価格だけで選んではいけません。
中古トラックという事は、新品のトラックとは異なり、1台1台状態が違うという事です。
では購入する際には、どのような点をチェックして選べばいいのでしょうか?

 

まずチェックして欲しいのが走行距離です。
走行距離が長ければ長いほど、
エンジンや内部の部品が消耗しているという事です。
つまり購入してから使用出来る期間が短いという事ですから、
走行距離はなるべく短いものを選ぶようにして下さい。

 

もちろん必ずしも走行距離が長い方が、
短い方より消耗していると断言する事は出来ません。

 

なぜかというと、きちんとメンテナンスを行ってきたかで消耗の速度は変わってくるからです。
メンテナンス状況は、定期点検や整備記録を見せてもらえば一目瞭然です。
そのため走行距離とメンテナンス状況はセットで比較するといいでしょう。

 

また中古トラック購入の際には年式も確認して下さい。
年式とは購入してどれだけの期間が過ぎたかを表します。
例えばあまり使用頻度が多くないトラックの場合は、走行距離は短いかもしれません。
しかし年式は古く、そして古いとあまり使用頻度が多くなくても
エンジンや部品は劣化が進んでいます。

 

安くても年式が古いと購入後に何度も故障し、修理費がかかり、
長持ちせずに買い替える事になってしまいます。
結果的に多少価格が高くても、年式が新しく、
走行距離が短い中古トラックを選んだ方がコストパフォーマンスはいいと言えるでしょう。

 

中古トラックを購入する際には、価格が安いというだけで選ばずに、
車の状態がいいものを選び事が大切です。
 

更新履歴